忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
取扱説明書:草葉のブログへようこそ、エチー絵をご希望の人は左のPROFILEからpixivへどうぞ。
PROFILE
名前 / 草葉

バナーはお持ちかえりぃ~の方がよさげですYO
このブログはリンクフリー
アンリンクフリーどぅぇす
このブログにない絵も公開されてるかもなPixivは下をクリック

Pixivへ
無駄に草葉の動向を知りたい方は
Twitterへどうぞ

 拍手してみる

メールはこちらをご確認ください。
このブログは健全ブログですな絵は載ってません、あしからず
CALENDER
∵11 2017/12 01∴
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

B-CASをつぶしたウェブの世論

 総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委員会)」は9月26日、地上デジタル放送のB-CASを見直すこと を決めた。6月にまとめられた第5次答申では「消費者や権利者の立場からB-CASについてさまざまな指摘が行なわれた」ことを理由に廃止の方向を打ち出 している。放送局も反対していないので、B-CASの廃止が事実上決まった。

 B-CASがなくなると、ダビング10の信号は受信機で無視できるようになるので、これをどうするかが焦点だ。デジコン委員会の村井純主査(慶應 義塾大学教授)は「技術と契約」で対応する方針を示した。しかし、法律で強制しない限り、ダビング10に対応するかどうかは受信機メーカーの自由だ。国内 メーカーが(放送局の圧力を恐れて)ダビング10を採用しても、海外メーカーが「ダビング10なし」を売り物にして乗り込んでくる。ダビング10も実質的 に廃止(任意の規格)にするしかないだろう、というのが関係者の見方だ。

 デジコン委員会では、これまで一貫して放送局・権利者団体の意向にそって審議が実施されてきたが、ウェブではB-CASに反対の意見が圧倒的だっ た。これを受けて公正取引委員会が、独占禁止法違反の容疑でB-CAS社などの事情聴取に乗り出したことが流れを決めた。結果的には、ウェブの世論が総務 省の「業者行政」を押し切ったわけだ。


半年ほど前に記事でも紹介したけど、なんとあの独占禁止法違反ではないかと言われ続けたB-CASがついに廃止される事になるようですよ(地上波のみ)
そもそもB-CASと言う会社、Wikiなんかに書いてありますが「B-CAS社が 非常に公益性の高い事業を行う企業にも関わらず、株式を非公開とし資産状況・収支状況・役員報酬・諸々のライセンス供与で徴収している費用・さらには活動 実態や本店所在地すら公開しておらず、同社の姿勢は同社が公益企業らしからぬ徹底した秘密主義であることなど、公益性の問題からも多くの批判を受けてい る。」と、何とも不透明な会社である。
こんな会社が地上波アナログ終了以降の日本のテレビ規格を独占するところだった訳だ・・・。

それにしてもネットでは以前よりこのB-CASに疑問を持つ人が大勢いた訳なんだけど、俺も半年前テレビでは論じられない B-CAS タブーってなに という記事を紹介した時点では「いくらネットで騒がれようとこの巨大利権はこのまま変わらないのだろう・・・」とたかをくくっていました。しかし、まさかB-CASが廃止される事になるとは夢にも思っていませんでした。
今やWebの世論も無力ではないんだねぇ。

ちなみにダビ10が無くなればコピーし放題か!となるかと言えば、きっと何かしらの新しいコピー規格が出てくるんだろうなぁ・・・。
まぁ、取り合えずまだ当分は地デジテレビを買う必要はなさそうですよ
買うならB-CASが無くなってからの機種にしましょう。

八雲 藍
ハイビジョンで橙もくっきり

 拍手してみる

PR
≪  198  197  196  195  194  193  192  191  190  189  188  ≫
HOME
Comment
無題
先生!藍様は鼻血デフォですか!
かおる 2008/10/11(Sat)02:01:52 編集
無題
もち!
草葉 2008/10/21(Tue)23:26:33 編集
この記事にコメントする
Name:
URL:
Mail:
Color:  
Title:
Comment:
pass:
忍者ブログ [PR]